コンテンツにスキップ
テーブルランプ LE KLINT / レ・クリント MODEL314 テーブルランプ モデル314

Interior File #1 『LE KLINT』

北欧の「ヒュッゲ」を連想させる照明「LE KLINT」。
実はこの折りは、日本で馴染みのある折り紙から連想されたものだったのだとか。
今回は、そんな「LE KLINT」について紹介いたします。

「北欧の暮らし」でよく聞く「ヒュッゲ」とは?

「ヒュッゲ」とは、デンマーク語で「居心地がいい空間」「楽しい時間」をさします。
たとえばロウソクや間接照明で照らされた自宅で食卓を囲みながら、家族や友人など大切な人と一緒に過ごす時間だったり、コーヒーや紅茶を片手に暖炉のまわりでゆったり語り合うひとときなど。
人とのふれあいやリラックスした時間で満たされることを大切にした考え方です。
北欧では冬が長く、寒さも厳しいことから、その時期はあまり外出せず、家の中で過ごすことが多いです。そんな北欧の気候もあり、このような習慣が生まれたのですね。

LE KLINTの照明は、そんなヒュッゲな時間をより豊かにできる、優しく暖かい雰囲気があります。

始まりは、クリント家のプライベートな手づくりでした

20世紀初め、デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントは、紙を規則的に折り上げて作る、手づくりのランプシェードを生み出しました。

クリント家の趣味の延長としてつくられたこのシェードは、美しいデザインだけではなく、機能的にも優れたあかりの名品として世に知られ、1943年にレ・クリント社が創立されました。

60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されるなど、1世紀を経てもなお、レ・クリント家の手づくりならではのフォルムは、当時の精神とともに受け継がれています。

長い冬を過ごす国ならではの、あかりの名品

レ・クリントならではの暖かい光とやさしい影。
その秘密は、1枚のプラスティックシートを手で折りあげる、ハンドクラフトならではの美しいフォルム。
長く厳しい冬を過ごす北欧の生活のなかで磨かれてきた技です。
創業当時から続くハンドワークならではの美しい光と影は、心を潤すあかりの芸術品として、そして美しいフォルムはクォリティ・オブ・ライフを追及する北欧デザインの代表作として、世界中を魅了し続けています。

JIAS ONLINEオススメの「LE KLINT」商品

■BOUQUET ペンダントブーケ5

ペンダントライト チューリップ LE KLINT / レ・クリント BOUQUET / ペンダントブーケ5
ペンダントライト チューリップ LE KLINT / レ・クリント BOUQUET / ペンダントブーケ5

ブーケはイタリアの街角にある花屋で見かけた無造作に束ねられたチューリップの姿をヒントに生まれました。小さなシェードに合わせるのは、素材感のあるリネンコードやオーク材のパーツ。優しさを感じるデザインです。

【おすすめポイント】
花束のような雰囲気で、お部屋を華やかにしてくれる照明です。
ブーケ5は5灯吊りなので、充分な明るさを確保でき、なおかつやわらかな雰囲気にできる商品です。
※引掛埋込ローゼット推奨商品です。

■MODEL314 テーブルランプ モデル314

日本の折り紙にも影響を受けた、伝統の直線が美しいシリーズです。規則的に続く折りは美しい陰影を生み出し、レ・クリントの原点となっています。シェードは創業時から変わらず現在もデンマークの工房で熟練した折り職人によってひとつひとつ丁寧につくられています。

【おすすめポイント】
テーブルランプとして取り入れやすい商品。読書をするとき、こんな柔らかな灯りに照らされたらとても落ち着いてリラックスできますね。ヒュッゲな雰囲気を醸し出すのにもおすすめです。

■SINUS LINE サイナスライン ペンダント172M

ペンダントライト LE KLINT / レ・クリント SINUS LINE サイナスライン ペンダント172
ペンダントライト LE KLINT / レ・クリント SINUS LINE サイナスライン ペンダント172

柔らかなカーブと彫刻のようなフォルムを持つサイナスラインは、名作として世界中で愛用されています。それまで直線的なデザインが多いレ・クリントの中で、曲線的なシェードであるサイナスラインが生まれたのは1971年のことでした。 この曲線は、波や風などの自然物ではなく、数学的な関数のサインカーブをモチーフとして、この美しいデザインを生み出しました。

【おすすめポイント】
柔らかなカーブが優しい雰囲気を引き立てるこちらの照明。
大きめのサイズを吊っても威圧感無く、ふわっとお部屋全体を灯してくれます。

ご家庭で「ヒュッゲ」を感じてみては?

北欧インテリアがお好きな方には特におすすめの「LE KLINT」。
シンプルな雰囲気が好き、観葉植物が好きという方にも、お部屋に馴染みやすく取り入れやすいかと思います。
デンマークの人々の暮らしを参考にしながら、「LE KLINT」の照明と共に、ご自宅でヒュッゲなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

紹介商品ページ
LE KLINT ブランドページ
LE KLINT / BOUQUET ペンダントブーケ5
LE KLINT / MODEL314 テーブルランプ モデル314
LE KLINT / SINUS LINE サイナスライン ペンダント172M

次の記事 パパッとかんたん、夏の模様替えアイデア
次の記事 Eli's note from MILANO #1 『イタリア流、日常を楽しむ「特別じゃない」ヒント』