コンテンツにスキップ
リゾートテイストのインテリア

パパッとかんたん、夏の模様替えアイデア

短い梅雨が明けて、もうすっかり夏ですね。
東京は衣替えも慌ただしく、肌寒いと思ったら急に30度超え!半袖!といった様子でした。

夏の装いというと服だけではなく、インテリアでもさらっとしたリネン素材や透明感のあるガラスたち...など涼しげなアイテムが思い浮かびますね。
暮らしの身近なところで季節を感じられるのも、インテリアの醍醐味。
いつもの暮らしに季節を感じるものを取り入れて、今年の夏も目一杯楽しみましょう!

といっても。暑い夏に大掛かりな模様替えは大変...という事で、
今回はパパッとかんたん、夏を感じる模様替えアイデアをご紹介。
インテリアや雑貨を少しだけチェンジして涼しさを感じるお部屋にしてみたり、夏ならではのリゾート感ある雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・雑貨や小物を夏仕様に簡単チェンジ

① 涼を感じる、クリアなガラス小物を置いてみる

夏の雑貨や小物で欠かせないのが、見た目も涼しげなガラス小物たち。
食卓に爽やかなブルーのグラスなどを取り入れれば、ドリンクもいつもより冷たく感じられそうです。
陽にあたるとテーブルに映るゆらめきも美しく、見ているだけで心も癒されますね。

また、ガラス素材のフラワーベースも夏に取り入れたいインテリアとしておすすめ。
お花を生けなくても、様々なフォルムや透明感あるカラーリングで「涼」を感じるお部屋を演出してくれますよ。

 

②夏仕様のクッションで、お部屋の印象を簡単チェンジ

お部屋のアクセントとしての役割もあるクッションで、お部屋の印象を簡単にチェンジ。
カバーを夏仕様にして、気軽にお部屋に夏を取り入れてみましょう。

夏といえば、やはり海などを連想させるブルー系!
ブルーなどの寒色系の色合いは、体感的にも涼しさを感じるのだそう。
寒色系に囲まれた部屋にいるだけで体感温度が2℃〜3℃も下がると言われているので、もし夏のインテリア選びに迷ったら寒色系のものを増やしてみるのも良いかもしれません。

海などを連想させるブルー系クッションの組み合わせ


フリンジが付いていたり、ざっくりとしたコットン糸で編まれたものも夏らしいナチュラルな素材感がありおすすめです。
フリンジは見た目的にもボリュームがあるので、無地調のクッションと組み合わせるとボリューム感の足し引きができてオシャレな印象になりますよ。

フリンジ付のざっくりとした見た目のクッション
ざっくりとしたコットン糸で編まれたクッション

③ ハンギングプランターで南国気分なナチュラル感を

プランターの置き場がなくても、吊り下げてしまえば場所も取らないハンギングプランター。
麻ひものボヘミアンな感じと植物の組み合わせがお部屋のアクセントになりつつ、リゾートらしいナチュラルさのあるリラックスした空間をつくってくれます。
植物も取り入れて、南国気分もプラスできるなんて。なんだかお得感もありませんか?
流木や大きめの植物との組み合わせも相性◎です。

グリーンの取り入れ方にバリエーションが欲しい!という方にもハンギングプランターはおすすめ。
さまざまな太さ・素材・編み方で雰囲気が変わるので、お気に入りを見つけてみたり、自分で作ってみたりと楽しみ方が豊富なのも魅力のひとつですね。

麻ひもでつくられたハンギングプランター
麻ひもでつくられたハンギングプランターを取り入れた夏らしいコーディネート



・思い切って家具やカーテンから夏をお迎え

①夏の夜を充実させるアウトドアファニチャー

昼間は暑くてなかなか外を楽しむ余裕はないけれど、夜は夏の夜風を感じながら自宅のベランダやテラスでゆったりおしゃべりタイムを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

冷たい飲み物を片手に、ついついおしゃべりしすぎて長居してしまう日があってもいいのでは。カラフルなアウトドアファニチャーや雑貨を取り入れれば、気分も上がりそうです。

少し涼しくなってきた夜には、キャンドルなどで雰囲気を出して夕涼みを楽しむのも良いですね。

カラフルなアウトドアファニチャー(テーブルとイス)

②爽やかなボタニカル模様のカーテンでリラックス

夏はどちらかと言うと海!太陽!楽しい!のようにテンションが高めのワードが浮かぶからこそ、
おうちではリラックスしたひとときを過ごしたい。
そんなあなたは、爽やかなボタニカル模様のカーテンをお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか?

柄を取り入れると、印象が強くなりすぎてお部屋の中でカーテンだけ浮いて見えないかな?
などと心配されるかもしれませんが、そんな方にはまずはレースカーテンで柄を取り入れるのがおすすめ。

今回はジアスのプレミアムシリーズからいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

大柄のカーテンもいざ吊ってみると、ちょうどいい。上品で主張しすぎず素敵なんです。
色のニュアンスがとても素敵なファブリックで、水彩画のような透明感のあるボタニカルデザインは、見ているだけで心地よさを感じます。

ジアスプレミアムレースカーテン
ジアスプレミアムレースカーテン


こちらも同じボタニカル模様ですが、色味のある部分の濃淡やシルエットラインのラッカープリントで表現する質感が素晴らしい。窓辺に吊ればどことなく植物の湿度を感じる、夏の朝にぴったりなレースカーテンです。

ジアスプレミアムレースカーテン

 

もっと存在感がほしいという方にはリゾート感のあるアートのようなデザインもおすすめ。
ナチュラル感のあるベースクロスに、水彩画のような絶妙な色のにじみや色彩が溶け合う大ぶりなリーフ柄がとても素敵です。
ダイナミックだけど上品なデザインに、なんだか朝からパワーチャージできそうな気がします。

ジアスプレミアムレースカーテン

 

いかがでしたか?

雑貨をひとつプラスしたり、カバーを変えるだけでも涼やかな雰囲気を感じられたりと、ちょっとした事でも暮らしに夏を取り入れられそうです。
少し大胆な模様替えにはなりますが、思いきって家具やカーテンなど大きなものも取り入れることで、いつもと違う暮らしの風景も生まれそうですね。

みなさんも是非、夏を味わう準備をしてみてくださいね!

 

次の記事 小さなアイテムでちょっと冒険。クッションで彩るわたしのインテリア
次の記事 Interior File #1 『LE KLINT』