コンテンツにスキップ
ジアス公式LINEお友だち登録で500円クーポンプレゼント!
ジアス公式LINEお友だち登録で
500円クーポンプレゼント!
小さなアイテムでちょっと冒険。クッションで彩るわたしのインテリア

小さなアイテムでちょっと冒険。クッションで彩るわたしのインテリア

「いつもとちょっと違う雰囲気を楽しみたい」
「個性的なデザインのインテリアにチャレンジしてみたい」
そんな方におすすめのアイテムが、「クッション」。
インテリアを考えるとき、クッションはお部屋のアクセントとなり気軽に雰囲気を変えられる優れもの。
小さめのアイテムなら、いつもは選ばない個性的なデザインにも挑戦しやすいかも...?
今回はそんなクッションを主役に、ソファとの様々なコーディネートを楽しんでみましょう。

【ベーシックの中の「差し色」で遊んでみる!】

ソファの色の中でも、不動の人気を誇るベージュやグレー。
落ち着いた色味で比較的どの色にも合いやすく、飽きがこないが人気の理由です。
中でもグレーのソファは、他のファブリックや小物によってモダンや北欧系・ナチュラルなど、どんなテイストにも変身できる万能カラー。
ただ、ソファのグレーだけだとどうしてもパッと見なんだか「普通」な印象に。
ベーシックだからこそ、クッションの色や柄を差し色にして遊んでみましょう。

■きれいめカラーとの明暗差で魅せる、サーモンピンク×草花柄

華やかなサーモンピンクと草花の大柄がオシャレな、落ち着いたフェミニンさを感じるコーディネート。
明暗のコントラストが大きい組み合わせですが、柄の中にもサーモンピンクが入っており、色がリンクする事で統一感が生まれます。
大柄でも落ち着いた色味のものなら圧迫感もないので、少し冒険したデザインでも挑戦しやすいですね。

きれいめカラーとの明暗差で魅せる、サーモンピンク×草花柄



■色相のコントラストで差をつけるワインレッド×モスグリーン

一見どうかな?と思う組み合わせですが、反対色は補色の関係でお互いの色を引き立たせる効果があります。
深めのワインレッドと上品なモスグリーンの組み合わせで、ワンランク上のセンスを感じるコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

色相のコントラストで差をつけるワインレッド×モスグリーン



■レザー調ミックスで雰囲気チェンジ!シックモダンな印象のブラック×ネイビー

前述したように、モダンなテイストにもなれるグレーのソファ。
ブラックとネイビーのシックモダンなカラーリングのクッションを組み合わせて、全体の雰囲気をグッと底上げしましょう。
通常のファブリックに加えてレザー調のものを差し込むと、異素材のミックス感も楽しめます。
レザー調のさりげない光沢感が、モダンらしい格好良さを演出してくれますね。

レザー調ミックスで雰囲気チェンジ!シックモダンな印象のブラック×ネイビー
レザー調ミックスで雰囲気チェンジ!シックモダンな印象のブラック×ネイビー



■個性的な幾何学模様、ブルー系×イエローで北欧風に

グレーと同じく人気のベージュのソファには、個性的な幾何学模様とイエローのクッションをプラス。
北欧風のポイントは、シンプルでナチュラルな自然色を基調とした中に、カラフルな色物をプラスすること。
木感やベージュ・ブラウン系のナチュラルなインテリアの中に、グリーン、ブルー、イエローといったカラーの小物を入れてみてください。何故かこのカラーリングが一番、北欧感が出る気がします。
大胆な大柄を取り入れるのもポイントですよ。

個性的な幾何学模様、ブルー系×イエローで北欧風に
個性的な幾何学模様、ブルー系×イエローで北欧風に



■トーンを合わせたデザインで遊ぶ

差し色とはちょっと違いますが、ソファと同系色の「デザイン」で遊んでみるのもおすすめ。
草花柄、ボーダー、無地調とバラバラのデザインですが、トーンを合わせる事でそれぞれの主張がしつこくならず統一感があります。
柄×柄に、シンプルなクッションを1つ加えるのもしつこくならないポイントです!

トーンを合わせたデザインで遊ぶ
トーンを合わせたデザインで遊ぶ



【遊び心をくすぐる、カラーonカラー】

カラーソファに遊び心のあるカラークッションを取り入れるのも、わくわくしますね。
個性的なコーディネートに挑戦してみたい方には、あえてカラーソファとカラークッションでカラーonカラーのコーディネートを楽しんでみるのもおすすめ。
小物であれこれ色味を取り入れるよりも、インパクトがあるのでバシッとお部屋の世界観を演出することができます。

■鮮やかブルーとぶつからない、余白を感じるデザイン

ブルー1色の強さとぶつからない、余白を感じるデザインのクッションをコーディネート。
カラーonカラーでも同系色のグリーン、さらに少し余白を感じるデザインなので、鮮やかな1色のソファとの組み合わせでも「面×面」のように重たくならず相性抜群。
そばにグリーン系の小物を置いても素敵ですね。

鮮やかブルーとぶつからない、余白を感じるデザイン



■素材感×ワンカラーで上品さを演出する

ワンカラーで質感やトーンを変えて雰囲気を作ることも、カラーonカラーならではの楽しみ方。
色味を一つに絞ることで落ち着きがあり、優しく上品な印象に仕上げることができます。
ナチュラルなイメージのあるグリーンも、色は少し深みのあるモスグリーンや濃度が高めの深緑を使えば、一気にモダンな雰囲気に。
質感もベルベットやレザーなど、複数のものを組み合わせることでぐっとオシャレ感が増します。
ワンカラーというとオシャレ上級者!のようなイメージがありますが、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

素材感×ワントーンで上品さを演出する



【クッションから模様替えを始めてみては?】

お部屋の雰囲気を変えたいと思ったとき、大きいものだと勇気がいりますが、 クッションのような小さなアイテムなら気軽に様々な色柄で冒険することができます。
また、今回のように家具はベージュやグレーのベーシックなもので揃えたときにも、クッションはアクセントとして大活躍。
小さな存在ではありますが、ちょっと雰囲気を変えるには最高のアイテムです。
色、形、質感、色々な組み合わせを楽しめるクッションを使って、あなたらしい空間を彩ってみてはいかがでしょうか。

次の記事 Eli's note from MILANO #2 『ミラネーゼとバカンス』
次の記事 パパッとかんたん、夏の模様替えアイデア