コンテンツにスキップ
キャンドルホルダーが複数個並べて置かれている

スタッフレビュー vol.1 『お部屋のワンポイントとしてもおすすめ!house doctorのライトホルダー』

日も短くなり朝晩は肌寒く、冬っぽさを感じる時間が増えてきた今日この頃。
昼間の陽気がよりあたたかに感じられますね。

こんにちは。
JIAS ONLINE編集部 です。

現在、JIAS ONLINEで掲載している雑貨はインポート(輸入)の商品を中心に掲載しております。
商品ページに掲載している画像も海外の雰囲気が伝わる素敵なお写真が多く、使ってみたい!と思われる方も多いはず。

ただ、少し日本で見るものとは違った独特の良さがあるインポート雑貨は、
実際に自分のおうちのインテリアと合うのかしら?
実際に使った時の雰囲気やサイズ感が分からない!
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな不安を解消すべく、スタッフ自ら使用してみてその使用感をお伝えできれば、よりお客さまもインポート雑貨を身近に感じて頂けるはず…!と今回から少しずつですが使用感のレビューをコラムでお伝えしていきたいと思います!

 

今回ご紹介する雑貨は

『house doctor / Crown ティーライトホルダー グリーン』

キャンドルホルダー

デンマークのインテリアブランドである「house doctor」。 

冬が長い北欧でキャンドルを灯すのは、もともとは暗く長い冬を快適に過ごすための「生活の知恵」でした。

そんな「生活の知恵」からキャンドルは広まり、今では季節を問わず幅広い暮らしのシーンで取り入れられています。日々の慌ただしさの中でほっこり温かい、大切な時間にキャンドルは欠かせませんよね。

 ▶housedoctorについてはこちらのコラム

 

■あかりを灯すと、深いグリーンの中に揺れるやさしい光に癒されます

火が灯されたライトホルダーとマグカップ

今回紹介するhousedoctorのティーライトホルダーにはリサイクルガラスを使用しています。
すりガラスのような、クリアなガラスとはまた違った優しいあかりが心地良くリラックスできる空間にしてくれます。

表面に手作りの凹凸のラインが反射して、お花のように取り囲んでいる美しさにうっとり。

揺れる明かりを見ながら今日1日がんばった自分へのご褒美時間。
お気に入りのドリンクと一緒にお菓子をつまんでも許されるひとときです。

火が灯されたライトホルダー

テーブルだけではなく、窓辺に置いてみるのもおすすめ。

また、すでにお持ちのキャンドルホルダーなどと組み合わせて、いくつかのあかりを灯して楽しむのも良いですね。
キャンドルのあかりだけで過ごす時間も、なんだか特別感があって素敵な夜を過ごせそうです。

あたたかみのあるフォルムは、ハンドメイド商品が多い「house doctor」ならでは。
ボディの絶妙なグリーンがさらに味わい深さをプラスしてくれ、幅広いテイストのお部屋にマッチしてくれます。

窓辺に置かれたライトホルダーと植物

 
写真ではティーライトホルダーを使用していますが、少し大きめのラウンドキャンドルもお使いいただけますよ。さまざまなキャンドルを試してみてくださいね。

ティーライトと大きめキャンドル

 

 

■インテリアのワンポイントやお花を飾ってみても!

ティーライトホルダーとして使用しない時も、落ち着いたダークグリーンはインテリアの色味のワンポイントとしてもおすすめ。

シックな空間とも相性が良く、どんなテイストにも取り入れやすいですよ。

シックなテーブルの上に置かれたライトホルダーと雑誌

意外とサイズ感に深さと大きさがあるので、お花を活けてみるのも◎

ブーケで残ったお花をちょっと活けたい時や、背の低い葉物を飾るのにもちょうど良い大きさです。

もちろん、小物入れなどとしてもおすすめですよ。

ライトホルダーにお花を活けた
ライトホルダーに背の低い葉物を飾った

ちなみに、外側のマットな質感とは対照的に、内側は滑らかな質感。
万が一少し蝋がこぼれてしまったとしても、ささっと拭けます。

ライトホルダーの滑らかな質感の内側


さまざまなシーンでお使いいただけるので、ライトホルダーとして使用しない時もいろいろ活躍できちゃう「Crown ティーライトホルダー」。

これからの季節だと、クリスマスなど特別なディナータイムの雰囲気づくりにも良さそうです。

JIAS ONLINEでは、ほかにも素敵なライトホルダーやキャンドルスタンドを取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。


▶house doctor / Crown ティーライトホルダーはこちら

▶そのほかのライトホルダーはこちら
▶キャンドルスタンドはこちら

次の記事 Eli's note from MILANO #6 『クリスマスに向けて、プレゼントの準備をはじめよう!』